スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
ramaの治療
 

以前、アニマルコミュニケーションでramaの健康状態があまり良くないという事が分り、でも西洋医学ではどうする事も出来ないので、以前から考えていたホメオパシーや整体気功に興味を持ちはじめました。

たまたま主人の同僚で医療関係に詳しい人が天才クラスの整体気功の先生を教えていただいて
動物の整体気功もやってくれるという事なのでお願いしようと思っていました。
しかし、半信半疑の部分があって
1つ目は動物治療は写真の遠隔で治療する。という事と
2つ目は動物にも病気を治すという受け入れ意思がなければ、せっかくの治療も意味がない。という事でした。(人間は治そうという意思で自分で病院に行きますが、ペットは自分の意思とは関係なく、飼い主が連れて行きますよね。)

1つ目の遠隔治療はアニマルコミュニケーションの方もそうですが、そういう能力がある人を信頼するしかないけど、

2つ目に関して思いついたのは、ラーマに受け入れてもらえるようにアニマルコミュニケーションのS氏に聞いてもらおうと思いました。
S氏はアニマルコミュニケーションの他に遠隔でレイキを送ることが出来るそうです。

S氏によると猫は気をとっても敏感に感じる生き物だそうです。
ramaも敏感に受け取ってくれて
「何、これ?すごい気持ちいいね!しばらくやって」と頼まれたそうなので
20分ほどレイキを送り続けてくれたそうです。
そして、こういう気持ちの良い事ならやってもいいと言ってくれたそうです。



ramaの気持ちを信じて、土曜日に整体に行ってきました。

先生と沢山お話をして、主人は健康なのですが、はじめに主人に整体をやってもらいました。
不思議なんですが、その先生は微妙な筋肉反射の動きによって、アレルギーのあるものや身体の調子の悪いところがわかってしまうそうです。
実際に痛みのあるところは気功で治ったそうです。

そして、ramaの治療はramaの写真を置いて
ramaの身体を主人の身体に置き換えて見ていただきました。
↑未だに不思議で理解出来ないのですが・・・

その診断によるとramaの体調はかなり悪いらしく、
悪いところは心臓、肝臓、胃、すい臓、右腎臓、右のリンパ。
右のリンパは以前、唾液線の炎症を起こしました。

まずは食べ物からramaの身体にあっているか?見て行きましょうというので
お勧めされたのは、猫はマグロを食べるので水銀が溜まりやすいというので解毒作用のあるクロレラとramaにはビタミンCのケルセチンがあっているという事なので
この2つを飲むのを進められました。

次回、治療するのは3週間後、今度は私も実際に体験してみたいと思います。











猫の病気 23:00 comments(0)
スポンサーサイト
- 23:00 -
COMMENT









ペット中心の私の日記
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Other
  • Log in
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Material by ふわふわ。り
  • Template by a dear friend